【珍就活】リーチ!一発!ツモ!”内定”です

お疲れさまです。えのころです。

企業も2017年度の新卒採用に精を出している頃ですが、そんな中信じられない情報を耳にしました。

なんと麻雀に勝てば内定がもらえるという・・・。

学生時代、麻雀部を立ち上げたほど麻雀が大好きな私としては聞き捨てならない情報なので真偽のほどを確かめてみました。

その結果・・・

真実でした!

情報機器販売のスターティアが2017年4月入社の新卒採用から”麻雀選考”なるものを始めたとのことです。

スターティア曰く、

「私たちが営業職に求める能力は、『決断力』と『勝負所を掴む嗅覚』の2つ。こうした資質を確かめるのに、『麻雀』はぴったりだと考えています」

「麻雀で勝つには、勝負勘や決断力だけじゃなく運も必要になる。

それはビジネスマンも同じ。

さらに長時間、卓を囲んで話すことで人間性が分かることもある。」

とのことです。

一理なくも・・・ないか?

資質どうこうよりも確かに麻雀ぐらいできた方が営業職としてはいいような気がしますし、最近若者の麻雀離れを悲しむ中年世代もいますのでいろんな意味で重宝されるかも。

このスターティアという企業は今年の新卒採用予定の40人の内2~3名は麻雀枠で採用予定らしいです。

採用の流れとしては本来”エントリー→説明会→1次面接→2次面接→3次面接→最終面接”

という6ステップを乗り越えようやく内定となります。しかし麻雀採用イベントというものに参加し、1位の成績を収めた学生は何と最終面接から、2~10位の学生は3次面接から選考を受ける事が出来るというものです。

¶麻雀採用イベントとは

2016年4月22日に記念すべき第1回が行われたこのイベント、成績上位者には上記特典が得られる模様。実際どういったイベントだったのか。

【場所】都内某所の雀荘

【参加者】学生29名 内訳)男:女=27:2

【賞品】内定への特急券

参加者は学生29名に加え、社員5名となんとプロ雀士5名を加えた全39名で行われたそうです。賞品が人生のかかった内定への切符ですから、雰囲気は真剣そのものだったそうです。

正直今までこのスターティアという企業について全く知らなかったのでこういった珍採用活動を通して売名にも成功していると言えます。

こういった麻雀採用は他でも行われているようなので麻雀に自信のある学生さんは探してみてください。また来年度もおそらく行われるので就活を控えているあなたは今から麻雀を勉強しましょうw

ミートボールの麻雀採用広告

ちなみに気になったのでこのスターティアについてもちょっと調べてみました。

【スターティア株式会社】

設立 1996年2月21日
資本金 824,315千円(2015年3月31日現在)
従業員数 単体:445名(2016年3月31日現在)
連結:615名(2016年3月31日現在)
事業内容 (グループ) 電子ブック、ITネットワーク環境からファシリティまで、オフィスのトータルコンサルティング
・SaaS型オンラインストレージサービス
・マネージドネットワークサービス、システムインテグレーション、セキュリティ対策
・モバイルソリューションの販売、企画、開発、提供
・通信システム機器販売、設計、施工、保守メンテナンス
・OA機器販売、設計、施工、保守メンテナンス
・コーポレートベンチャーキャピタル
・連結子会社スターティアラボにおける電子ブック作成ソフトサービス、WEB制作
・持分法適用会社MACオフィスによるオフィスファシリティのソリューションサービス
主要取引銀行 みずほ銀行 新宿南口支店
三井住友銀行 新宿支店
三菱東京UFJ銀行 飯田橋支店
三菱東京UFJ銀行 新宿中央支店
りそな銀行 新宿支店
(五十音順)
主要取引先 (グループ) 株式会社エーティーワークス
オリックス株式会社
株式会社クレディセゾン
KDDI株式会社
サクサ株式会社
シャープビジネスソリューション株式会社
ソネット株式会社
ソフトバンクモバイル株式会社
富士ゼロックス東京株式会社
ほけんの窓口グループ
三井住友ファイナンス&リース株式会社
(五十音順)

【企業理念】

社会のニーズとマーケットを見極め、人と企業の未来を創造し、優れた事業と人材を輩出するリーディングカンパニーを目指す。どんなに優れた技術や知識も、人に知られなければ意味がありません。そのような価値ある情報をニーズのある企業とつなぎ、「新たなビジネスの始まり」を創造する。それが、私たち STARTIA(スターティア)のミッションです。

一部上場もしており物凄くまともそうな会社やん・・・。

ホームページ(https://www.startia.co.jp/)からは麻雀の”ま”の字も出てこなさそうなまじめな企業です。

口コミを見てもホワイト企業になろうとしており、比較的評価の高い会社でした。

うーん・・・なぜこんな発想が出てきたし。

麻雀採用以外にもあった!変わった採用活動

おまけにまだまだある、変わった採用活動を見ながら終わりにしたいと思います。

新潟県に本社を置く菓子メーカーの三幸製菓が2016年卒の採用で「日本一短いES(エントリーシート)」を実施。
ウェブ上で記入するスタイルで、ESに入る前に「おせんべいは好き?」「ニイガタで働ける?」と質問され、これに「Yes」か「No」で回答する。どちらにも「Yes」と回答すると、「あなたの連絡先(メールアドレス)を心を込めて入力して下さい」と表示されるので、そこに書き込むと終了。志望動機や自己PRなど企業ごとに時間をかけて悩んでいる学生にとってはかなり拍子抜けする内容でしょう。

ふぐ料理専門店「とらふぐ亭」などを展開する東京一番フーズは2月9日、2015年度新卒採用活動「29品のふぐ採用」を実施。
2月9日の「ふぐの日」に合わせた企画で、「ふぐ」にちなんだ29の新卒採用サイトを開設しており、学生は自分にぴったりの採用窓口からエントリーすることができる。
ふぐ顔の人を募集する「ふぐ顔採用」や29kgのダイエットに成功した人を募集する「29kgダイエット採用」などバラエティに富んだ29の採用窓口がある。ふぐ顔って完全に悪口だよね。入社したら一生ふぐいじりされそう。

広告代理店の東急エージェンシーが2016新卒採用にてウェブで顔採用を実施。
顔採用といっても顔で採用可否を決めるものではなく、顔分析システムの分析結果に応じて様々な「就活支援特典」に応募できるというもの。顔で採用可否を決めないとは言っていない)
せっかち顔には「ES設問を1週間先行公開」やこだわり顔には「面接官を写真で逆指名権」など5種類の特典が各10名に抽選で当たるようです。面接官逆指名とかある意味罰だろ。

ついに明言してやりおった!と思いましたがそうではなかったようです。

 

受験料制度【ドワンゴ】

大手動画サイトニコニコ動画を手掛けるドワンゴグループは2015年新卒採用において、受験の際に2525円(ニコニコ)を受験料(エントリーは無料)を徴収する制度を導入。ただし地方在住者の受験料は免除。受験料は全額寄付するとのこと。

目的は、本気で当社で働きたいと思っているかたに受験していただきたいから。また、企業の側も受験生が多すぎて、採用の手間ばかりが増えて、本当に必要な人材を見極める十分な時間をかけることが難しいためである、とのこと。これは割と理に適っている気がします。とりあえず受けるといった就活生をふるいにかける事が出来ますね。

人狼採用【サーチフィールド】

ソーシャルゲームなどのイラスト制作を手掛けるサーチフィールドは2015年度の新卒採用選考にて、会話型推理ゲーム「人狼」を導入した。選考の場において大学生と既存社員が一緒に人ともに、リラックスして臨んでもらうという意図がある。最後まで生き残れば採用というわけではないとのこと。うちの会社も新卒研修の時にやったなー。強い奴ほど後でいじられたなぁ。(遠い目)

【変わった採用活動まとめ】
まだまだ紹介しきれないほど変わった就活はあります。話題にはなると思いますし、受けてみたいなという気持ちにさせ就活生を誘致することはできると思います。
ただ、こんな風に採用されて後悔とかしないですかね?私は若干気になります。
さて、麻雀採用からいろんな採用を紹介してきましたがいかがだったでしょうか?もしかするとこれから就活される方もいるかもしれません。
良かったら参考にしてみてください。
それでは、閲覧ありがとうございました。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る