2016/8/31 熊本地震再び、被害状況まとめ 台風の影響は大丈夫?

19時46分熊本県熊本地方を震源とした地震が起きました。

【震度】5弱

【マグニチュード】4.9

【被災地】熊本を中心とした九州全域、中国四国地方の一部

熊本県で震度5弱 津波の心配なし

【津波】この地震による津波の心配はありません

【被害状況】

人的な被害報告はありません。

熊本城に被害はありません。

建物は上通アーケードの建物の一部が損壊、その他地域でも若干の被害あり。この損壊による怪我人の報告はなし。

【今後】引き続き余震には備えてください。

【台風】

9月1日は九州はおおむね晴れ、一時湿った空気に覆われ雨の降る所もあるでしょう。避難される方は雨天に備えてください。台風による直接の影響はなさそうです。

また2日以降も悪天が予想されるので2次災害には十分気を付けてください。

2日以降は進路によっては台風が九州に上陸する予定です。十分に警戒してください。

【避難状況】熊本市西区7人、中央区8人(午後9時時点)

熊本で震度5弱 専門家「今後も大きな揺れの可能性」

東京大学地震研究所の古村孝志教授は「4月に起きた熊本地震の一連の地震活動と見られる。地震活動は次第に減ってはいるが、まだ活発な状況は続いている。今後も時折大きな揺れを伴う地震が起きる可能性があるので、これまでの地震で壊れている建物の倒壊や崖崩れなどには十分注意してほしい」と話しています。

今後も十分お気を付けください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る