新市街123がオープンして1週間経ったので評価してみる

お疲れ様です。えのころです。

さて、7月7日という全国のパチンカーにとってはお祭りの日に華々しくオープンした新市街123。

その評判は如何なものか、評価していきたいと思います。
熊本以外の方はゴメンナサイ、興味があれば見ていってください。
まず、この123グループですが、延田グループという大阪の法人さんになります。

九州では博多123が初上陸しそこそこの稼働を誇っています。名前の通り123の並ぶ日が熱いという評判があり、踊らされています。12月3日や1月23日が熱いと言われています。(今年の1月23日博多で5万負けましたが)

ちなみに店舗内装は

2階建てで1階がパチンコ2階がスロットとわかりやすい構成となっています。

交換率は4パチが30玉、5スロ、20スロが等価のようです。

そんな123ですが、オープンは全国のパチンカーにとってわかりやすい七夕にオープンしました。当然グランドオープンかつ7の並ぶこの日、期待して多くの人が並びました。

初日は並びが1000人ほどいたそうです…w

私は14時ごろ参戦したんですがグランドオープンにしては盛り上がってないなぁという印象。

9割くらい稼働はあったんですがグランドであれば12割くらいないとダメじゃないか?と思っています。(立ち見やウロウロが2割)

それもそのはず…出ていない…。

最初に見た北斗の島なんか昼過ぎにも関わらず箱を使っていたのがなんと1台でした。

絆ゴッドも目立って出ている印象はなく、ジャグラーなんかも右肩下がりばかり…。

正直、新市街123に対する期待が一気になくなりました。

あとから聞いた話ですが据え置きの台まであったそうですwいくらなんでも気合い入れなさすぎて笑ってしまいました。

この日私は空いている!と思い座ったコードギアスに1000円入れ、思ったよりコインが出てきて5スロということに気づき、そのまま換金して稼働終了。(稼働したとは言っていない)

他の店と違い20スロと5スロの境目がなくてわかんなかったんですよ。

そんなこんなで結局その日は7月7日を生かすためプラザで打って5万ちょい負けました。

さて話は戻って2日目の123ですが、なんと並びが半数にw

一気に見切られてしまったようですね。

見切り通り昨日よりも更に出ていなかったそうです。

その後も順調に稼働を落とし、12日に再び訪れて見ました。するとなぜかこの日はやけに設定が入っていたように思います。

バラエティが2.3台で入っていることが多いんですが、その2.3台にも機種に1台入っている印象でした。片方がダメならもう片方がしっかり出ていたのでわかりやすかったです。

しかし時すでに遅し、見切られてしまった後に設定を入れても広告効果は低かったようです。

翌日焦った123はLineでおすすめ機種を告知。(良い子のホールはマネしちゃだめだよ!)

並びはなんと30人程度まで減っていたようですが告知機種に確かに入っていたそうです。

本当はイベントの告知なんて禁止なんですが何振りかまっていられなくなったんでしょうねw

短縮営業、グランドオープン、7月7日、これだけパチンカーにとっては期待の要素が揃ってあの結果では残念ながら愛想を尽かされてしまったでしょう。

実際プラザや浜線のモナコでいいという声が多く、稼働にも如実に表れています。

今更言うまでもありませんが総評するとかなりのボッタ店、ということになります。

ただ、女性の店員さんやコーヒーレディは可愛いしサービスもかなり良い。店舗自体もかなり綺麗なのでどうせ同じ設定1を打つなら123の方が良いやと思って足を運ぶ事はあるかもしれませんw

皮肉はこれくらいにして、これからも熊本のプラザ一強は続いていくことになるでしょう。

それでは熊本の皆さんは123で会いましょう!(なんだかんだちょっと気に入った)
追伸(12/4)

そこそこ客もついてプラザと二強と言えるくらいに強くなりました。

あの場所のホールは潰れまくっていたので遂に塗り替えましたかね。

かくいう私も123の常連にw
閲覧ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る