一番タチの悪いギャンブルは?

お疲れさまです。えのころです。

この世はギャンブルに溢れています。

パチンコ・スロット・競馬・競輪・競艇・カジノ・・・etc.

これだけ様々なギャンブルがありますが、楽しみ方はそれぞれ。また収益のシステムもそれぞれ・・・。

そこでどのギャンブルが最も勝てるのか、また何が一番タチの悪いギャンブルなのか検証してみたいと思います。

1.パチンコ

f048b9a7ac6b97648eed4358ee9789bd4cd06cc4

この記事を見ている人にとってはスロットと並ぶくらい馴染み深いものではないでしょうか。普段から負けまくっている方にとってはこれほどタチの悪いギャンブルはないかもしれません。

これは皆さんが知っている通りパチンコには”ボーダー”というものがあり、それを超えると理論的には勝てるという仕組みなので見た目にわかり易いですね。

ホールは出したい利益に対して1000円平均いくら回るのか、大当たり中にいくら出玉を削るのかといったところで利益を出しています。

ただこれ違法なんですけどね・・・。

参考http://pachislot777.xyz/post-14/

とりあえずそんなこんなで理論的に勝てない出率を調整し、ホールは利益を得ています。もちろんちょっとした運で勝てたり、負けたりするんでたくさんの台で収束させないといけません。

ではホールはパチンコ台1台当たりどれくらい利益を得ているのでしょうか。

これは一般的に投資金額の10%~20%と言われています。

もちろんイベントの日なんかに回しすぎて赤字になることもありますし(何度も言いますが違法です)もちろんお客さんの運が良くて赤字になることもありますが、平均するとこれくらいの利益を得ているといわれています。

台によって稼働率が全く違うので○○円利益!といういい方はできないのであしからず。

まぁ最近は機械代を回収する前に客が飛んでしまうので、ホールも大変なのです・・・。

2.スロット

hobby_a06

パチンコ同様この記事を読んでいる方にとっては馴染み深いギャンブルでしょう。収益化の方法もパチンコに似ていますが、こちらは設定によって出率を調整しているので利益を計算して得る事が出来ます。

もちろん低設定でも事故ることもあるのでやはり不安定な収益にはなりますが。

しかしこちらもパチンコ同様投資金額の10%~20%を平均的に利益として計上しているようです。

ただ、こちらはパチンコと違い設定で利益を調整しています。これは一見パチンコに比べ調整しやすく見えますが難しい点があります。

例を挙げてみます。

非常に稼働がよく稼働率が70%のホールがあるとします。このホールは今日は以下のように利益を望み台を調整しました。

パチンコ

A(1000円) 

B(2000円) 

C(3000円) 

D(4000円) 

TOTAL10000円

スロット 

A(-4000円・設定6)

B(2000円・設定2)

C(6000円・設定1)

D(6000円・設定1)

TOTAL1000円

しかし、この日パチンコは予定通り1万円利益を出すことが出来ましたが、スロットは利益が出ませんでした。

これはたまたまでなく、こういったことが続いているようです。

ではなせこのようなことになってしまうのか。

それは良くも悪くもスロットが調整できてしまうからです。

わかりますよね?

グラフが右下がりの台は低設定だと思われ、実際にしっかり稼働するのは高設定の台ばかりになります。

スロットは凹んでいる理由が運だけに起因しない分利益を出すべき台が敬遠されてしまいがちなのです。

話はずれてしまいましたがここまでにしたいと思います。

3.競馬・競艇・競輪・オートレース

850072bef46c88f6760738608d72dca6

いずれも着順を当てるといった意味で似たようなギャンブルになります。さらにパチンコとスロット大きな違いがあります。

わかりますか?

それはギャンブルであるということです。

公営であるということがいかに大きな差であるかというと、TVCMやメディアへの露出ができる、クリアなイメージを持ってもらえる(パチスロにくらべると)、赤字が続くと立て直そうという動きが行われるなど待遇が圧倒的に違います。

しかし、パチンコやスロットに比べて恐ろしい点があります。

それは投資金額が青天井であるということです。これほど恐ろしいことはありません。

熱くなれば一度で人生を終わらせることができてしまうのですから。

もちろんパチスロもカワイイ金額とは言えませんが一度や一日で人生を変えるような勝負はできません。これは本当に恐ろしいことです。

実際YOUTUBEなどで結婚資金の100万賭けてみた、人生賭けて500万賭けてみたといたような動画が沢山あります。ストッパーが外れてしまうとこうなってしまえるのが本当に恐ろしいです。

そんな公営と言われるこれらのギャンブルはどれくらいの収益を上げているのでしょうか?

これは投資金額の約25%、つまり還元率75%と言われています。

あれ?公営なのに散々規制を掛けているパチスロより圧倒的に還元率が低いですね。

ちなみに今までの最高の配当額は2010年10月21日のチャリロトで一口200円が重勝式で9億598万7400円になったそうです…羨ましい。

4.カジノ

medium_5659767510

日本でもカジノ法案にGOサインを出そうという動きがありますね。そんなカジノはいったいどれほどの還元率があるのでしょうか。これは種目によって違うのでそれぞれ見ていきましょう。

スロット 95%前後
ルーレット(アメリカン) 94.73%
バカラ 98.64% – 98.8%
クラップス 99.54% – 99.986%
ブラックジャック 96% – 102%

http://oncasinojapan.info/theory/kitaichi.html

あれwあれれw

還元率めちゃくちゃ高いじゃないですか・・・

しかもカジノは一攫千金も狙うことができるため理想的なギャンブルかもしれませんね。

ブラックジャックは残っているカードを予想することで勝率を上げることができるので100%を超えることがあるようです。頭良くないとね。

5.???

さぁ、いままでいろいろなギャンブルの還元率を見てきましたが中でもカジノが一番優秀なギャンブルといえる状況になってしまいました。

しかし、ここで日本の誇る最強のギャンブルが残っています。

さぁさぁ出てこい!

宝くじ!!!

img1

きましたね日本国民の多くが夢を追って購入するこの国挙げての大ギャンブル。

ギャンブルとは違うという人もいるかもしれませんが立派なギャンブルです。

日本ではCMも多く、タレントさんも上げてよく広告されます。これだけクリアなイメージがある宝くじの還元率は・・・?

なんと・・・

45%

チーン

え?ひどすぎない?

1000円かったらその時点で550円分は消え去っている計算です。こんなに広告を打ち出されている宝くじは買った時点で半分以上も価値が目減りする極悪ギャンブルでした。

ちなみにこちらの記事の最後で宝くじのえげつなさを書いているのでよかったら見ていってください。

フリーズってどれだけ凄いの?日常の確率に例えると・・・
お疲れさまです。えのころです。 今回はパチスロで設定されている様々な確率、それが日常でいうと何事と同等な確率なのか、検証してみたいと思...

さてすべて出そろいましたが、

カジノ(約97%)>パチンコ・スロット(約90%)>公営ギャンブル(約75%)>宝くじ(約45%)

という結果になりました。

日本で規制されているもの程還元率が高く、還元率の低いもの程推奨されているという皮肉な結果になりました。

いや、皮肉でも何でもないかもしれません。

還元率の低いギャンブルは税金として国が儲かる仕組みになっているからこそ推奨しているのでしょう。

パチンコやスロットも税金を取るようになったらもう少しメディアに出るかもしれませんが還元率は低くなるかもしれませんね。

日本という国の汚さを見たところで締めとさせていただきます。

閲覧ありがとうございます。

スポンサーリンク
トップへ戻る